蛇口修理ガイド

💡蛇口の品番がわかるなら蛇口補修部品ガイドへ
→品番別に故障内容と修理方法を解説

浄水器水栓(一体型・ビルトイン等)の選び方とメリット・デメリット(台所の蛇口)

更新日:2021/02/26

キッチンのシングルレバー水栓を選ぶ際、
浄水器を付ける人が多くなっています。

そこで多くの人が悩むことになるのが、次の3つの問題。

1、浄水器専用水栓を作る
2、浄水器一体水栓にする
3、浄水器を吐水口に付けるタイプにする

それぞれメリット・デメリットがありますので、説明します。

1、浄水器専用水栓を作る場合

浄水器専用水栓 設置方法

浄水能力は一番良いです。

浄水機能を重視するなら浄水器専用水栓を設置してください。
浄水カートリッジの大きさが圧倒的に違います。
浄水能力は最高でありながら1年以上は使えるので、ランニングコストは意外と安いです。

カートリッジはAmazon等通販でも購入できます。

大きなデメリットとしてはやはり、専用の水栓が必要になることです。
メインの水栓と別に、もう一つシンクに立てないといけません。
そのため途中からの設置は難しく、対応したキッチン(シンク)を選ぶことになります。

また、同様に高性能な浄水器として据え置き型がありますが、
現在は主流ではないため、新築やリフォームではおすすめしません。

その他の浄水器専用水栓(非推奨)

この浄水器専用水栓でも、カートリッジが内蔵され小型のものもあります。

浄水器専用水栓 浄水カートリッジ内蔵型

カートリッジを水栓本体内に内蔵してあるので、
カートリッジの交換がとても簡単です。
しかし、浄水能力は低いため、ちょっと中途半端。
あまり主流ではありません。

どうせなら、大型の浄水カートリッジを選びたいものです。

ビルトイン型浄水器を簡単に使う方法(非推奨)

途中からの場合は、「浄水器兼用混合水栓(ビルトイン型)」を選ぶのが簡単です。

浄水器兼用混合水栓(ビルトイン型)

一つの水栓で、水道水・浄水を使うことができます。
浄水器専用水栓を作らずとも、大型の浄水カートリッジを使うことが可能です。

しかし、これは浄水が出るまで少し時間がかかるのが面倒です。
浄水のハンドルをひねっても、蛇口内部に水道水が溜まっているので、
それを出し切らないと浄水が出てきません(最初に出る水は水道水)。

メーカーとしてもあまり力を入れておらず、ラインナップは少ない。
ハンドシャワー型がなかったりするので、使いにくいです。
個人的にはおすすめできません。

これを付けるくらいなら、間違いなく後述する一体型水栓の方が良いです。

2、浄水器一体水栓にする

浄水器一体型水栓

お手軽ならこのタイプ。
ただしランニングコストは一番高くなる。

蛇口のスパウト内に浄水器が内蔵されているタイプです。
使い勝手が良いので、人気があります。
マンションに標準設置されていることも多いですね。

ハンドシャワー型もあり、普段の水道水の使い勝手も良いです。
浄水カートリッジは小型なので性能はまずまずですが、
そうこだわりがない人なら十分だと思います。
無味無臭レベルが欲しいのならダメです。

カートリッジはホームセンターや通販で買えるため入手は簡単。
しかし、後述するトレビーノなどと比べると割高。
高すぎる浄水カートリッジ代に不満を持つ人は多い。

カートリッジの交換はとても簡単にできます。
3か月に一回の交換も全く苦痛ではありません。

デメリットとしては、大型に比べ水の出が弱いことです(大型の約3分の2)。

大型カートリッジよりも水の出が悪いため、鍋に溜めるのに時間がかかります。
使う事にカートリッジが詰まって流量が低下するため、そうなると苦痛。
小さなカートリッジの宿命です。

水栓自体も安く、キッチンも普通のタイプで良いので、
設置にかかるお金は安いです。

3、浄水器を吐水口に付けるタイプにする

浄水器を吐水口に取り付けるタイプの水栓金具(蛇口)

トレビーノなど、吐水口に付けるタイプはピンキリでいろいろあります。

このタイプは普通の吐水口じゃないと取付できません。
シャワータイプの吐水口は取付できない。
そのため、浄水器一体ではないハンドシャワータイプを選ぶと、浄水器の設置は分岐金具等が必要になる。

浄水性能としては前述した内蔵型と同等かそれ以上です。
カートリッジはホームセンターで簡単に入手でき、安いのが素晴らしい。
性能が良いのにランニングコストに優れるのが最大のメリットです。

大きなデメリットとしては、吐水口に取付けるため邪魔になることです。

水が出る位置が下がるので、鍋などに当たりやすくなる。
見た目が良くないのが最大のデメリットですね…

まとめ

全ての上位互換となるのは、浄水器専用水栓&大型カートリッジ。

流量が多いというのは、浄水器にとって大きなメリットです。
カートリッジ交換はやや面倒ですが、慣れたらなんともありません。

メインの水栓は好きなタイプを選べるのも良いところです。
タッチ式の水栓など、何でも取付できます。
浄水器一体型にすると、それしか選べません。

ただやはり、初期投資は大きくなります。
専用のシンク、専用の水栓、これで10万円以上は高くなります。
安くしたいのであれば、選択肢から消えます。

初期投資を抑えるのであれば、浄水器一体型水栓です。
浄水能力としてはトレビーノなどと大差ないですが、スマートです。
ちょっと綺麗になれば良いのであれば、十分な浄水性能です。
トレビーノはやはり良いキッチンには合わない見た目ですね…

後悔無いのは浄水器専用水栓だと思います。
是非、これらの視点で選んでみてください。
参考になれば幸いです。

こちらもどうぞ

--

蛇口の交換依頼について

ボッタクリ回避を

蛇口の交換依頼は楽天市場がおすすめ。
一度こちらから料金等見てみてください。
蛇口交換なら楽天市場が工事費込で安い!おすすめショップ紹介

修理解説はこちらから

おすすめ記事

蛇口の選び方の記事一覧

サイト内検索

修理方法解説

<蛇口本体・部品の購入先> 楽天市場(設備) Amazon(住宅用設備)

選び方など

<蛇口本体・部品の購入先> 楽天市場(設備) Amazon(住宅用設備)
<品番別解説> 蛇口補修部品ガイド
蛇口修理ガイド

蛇口修理ガイド - 水漏れトラブル等の原因と修理方法を解説(水栓金具DIY・自分で修理)

2010年頃より運営している老舗サイトです。


プライバシーポリシー・広告について