高齢者が使う場合の蛇口の選び方(ハンドルが固くて回せない人向け水栓金具) - 蛇口修理ガイド
蛇口修理ガイド

高齢者が使う場合の蛇口の選び方(ハンドルが固くて回せない人向け水栓金具)

更新日:2020/12/10

高齢者向け蛇口の選び方の話

若い時は気にならないことでも、
高齢になると「これは使えない」と問題が出てくるものです。
蛇口もよくある話なので、是非知っておいてください。

1、ハンドルを回せない

短いレバーの水栓金具(蛇口)は回すのに力が要る

高齢者は握力が弱く、固いハンドルを回せない。

キッチンなどのシングルレバー混合栓は問題ないのですが、
2ハンドル混合栓や、お風呂のサーモスタット混合栓などは固く高齢者には厳しいことがあります。
そのため、高齢者へは「レバー型」をおすすめするのが基本です。

2、高齢者向けの蛇口

アーチハンドル型の水栓金具(蛇口)は高齢者でも回しやすい

お風呂のサーモスタット混合栓であれば、アーチハンドル式があります。

長く大きいレバーのため、かなり軽い力で開閉できます。
若い人が使う分にも特に問題ないので、高齢者が使うご家庭は検討してみてください。
なんでもそうですが、新品だと軽いのがだんだんと固くなってくるんですよね…。
アーチハンドル型なら、少々固くなっても大丈夫なので安心です。

楽天市場でアーチハンドル型の蛇口を見る

3、レバーはできるだけ長いものを

短いレバーハンドルは操作が固め

シングルレバー混合栓でも、レバーの長さがずいぶんと違います。

短いものは若い人でも固く感じることがあります。
そのため、高齢者が使う場合はできるだけレバーの長いタイプを選んでください。
特に短いものに注意しないといけないのが洗面所ですね。
レバーが長いと邪魔になるため、短いタイプが多いです。

4、2ハンドル混合栓ならレバーへの交換を

ハンドルはレバーに交換できます。

これはホームセンターにほぼ売っていると思います。
ハンドルを外して、このレバーに付け替えるだけ。
自分も子供が小さい頃はこれを使っていました。
手の甲で開閉できるため、衛生的でもあります。

まとめ

高齢者は想像以上に力が無い。

「これを回せないのか?」と思うくらい、弱くなるものです。
蛇口だけでなく、ドアもハンドル式は無理だったりします。
福祉住環境としても、レバー式のドアにすることを推奨しています。

買い替えの際は是非、こういったレバーの長いタイプへ交換ください。

以上、「高齢者が使う場合の蛇口の選び方(ハンドルが固くて回せない人向け水栓金具)」でした。

おすすめ記事

蛇口の選び方の記事一覧

サイト内検索

修理方法解説

<蛇口本体・部品の購入先> 楽天市場(設備) Amazon(住宅用設備)

選び方など

<蛇口本体・部品の購入先> 楽天市場(設備) Amazon(住宅用設備)
蛇口修理ガイド

蛇口修理ガイド - 水漏れトラブル等の原因と修理方法を解説(水栓金具DIY・自分で修理)