蛇口修理ガイド

蛇口(サーモスタット混合栓)の開閉側ハンドルが固い場合の原因と修理方法(お風呂の水栓金具)

投稿日:2018年12月20日

開閉側ハンドル固いイラスト

蛇口全般に言えることですが、
使っていくとハンドルやレバーは固くなっていきます。
若い人は問題なくても、高齢者だと回せないことがあります。
力の弱い人が固いと感じているのなら、修理をおすすめします。

開閉側ハンドルが固い場合の原因

開閉側のハンドルが固い原因としては、ほぼ開閉バルブの故障です。

ほぼ開閉バルブの中のグリス切れが原因です。
そのため、分解してグリスを塗布すれば直ります。
井戸水を使用されているところでは、錆によって固くなったりもします。

基本的には分解してはいけない部品なので、
修理依頼をすると開閉バルブの交換となります。

開閉バルブを交換する方法

開閉バルブの交換は簡単です。

TOTO品での説明になりますが、次の図のバルブです。

*参考図:TOTOホームページより引用

バルブ説明イラスト

このバルブを交換すれば、ほとんどが直ります。
自分で交換する場合はメーカーHPでバルブの品番を入手し、通販で購入します。

TOTO製の場合、交換方法をこちらのページで解説しています。

バルブを購入すると交換説明書が付いていますので、そちらも確認してください。
参考までにTOTOのバルブ施工説明書へのリンクを貼っておきます。

グリス塗布で修理する場合

こちらで分解グリス塗布方法を書いています。
そう難しくはないので、できると思えば是非挑戦を。

※自己責任でお願いいたします。
※分解禁止部品のため業者はやってくれません。

--

以上、開閉側ハンドルが固い場合の原因と修理方法でした。

修理依頼してのバルブ交換であれば、1万円ほどで修理できるでしょう。

修理方法解説

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場

選び方など

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場
蛇口(サーモスタット混合栓)の開閉側ハンドルが固い場合の原因と修理方法(お風呂の水栓金具)
蛇口修理ガイド