蛇口修理ガイド

蛇口(サーモスタット混合水栓)、温度が変わらない場合の原因と修理方法(お風呂の水栓金具)

投稿日:2018年12月20日

温度が変わらないイラスト

温度調節ハンドルを回しても温度が全く変わらない場合、
ほぼ交換修理となってしまいます。

温度が変わらない原因

温度調節ユニット(サーモユニット)の故障の可能性が高いです。

温度調節ユニット内部のバルブの動きが悪くなると起こります。
経年使用でのグリス切れやパッキン劣化、バルブの腐食が主な原因です。
バルブの腐食は井戸水を使用されていると起こりやすいです。

*参考図:TOTOホームページより引用

サーモバルブ部分解イラスト

この部品を交換すると直ります。

自分で交換する場合はメーカーHPでバルブの品番を入手し、通販で購入します。
品番特定方法詳細はこちらを見てください。

交換方法はこちらで解説しています。

詳しくはサーモバルブの施工説明書も見てください。

参考に、TOTOのホームページのサーモバルブ施工説明書のリンクを貼ります。

上記はTOTO製ですが、
各メーカーで施工説明書があるので、確認ください。
※どのメーカーもおおよそ交換方法は同じです。

冬場の場合は凍結破損の可能性もある

サーモスタット混合栓 温度調節ユニットの凍結破損

寒波がきた翌日に温度不良になれば、ほぼ凍結破損です。

寒波の翌日は水道工事屋は大忙しです。
風呂場は温度が下がるので、蛇口がよく凍結します。
そうすると蛇口本体が割れたり、内部の部品が割れたりします。

温度が変わらなくなったり、ポタポタ水漏れしたりします。
だいたい部品の交換で直りますが、本体ごとの交換となる可能性もあります。
寒波の日は窓を閉め、氷点下にならないようにしましょう。

--

その他の症状はこちらを見てください。

--

以上、温度が変わらない場合の原因と修理方法でした。

修理依頼してサーモバルブを交換する場合、約1万円はかかります。

修理方法解説

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場

選び方など

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場
蛇口(サーモスタット混合水栓)、温度が変わらない場合の原因と修理方法(お風呂の水栓金具)
蛇口修理ガイド