蛇口修理ガイド

蛇口(シングルレバー混合水栓)本体のがたつき(ぐらつき)の原因と修理方法

投稿日:2018年12月20日

蛇口本体がたつきイラスト

シングルレバー混合栓のがたつきはよくある故障です。
修理方法はとても簡単なので、できるようにしておきましょう。

シングルレバー混合栓のがたつきの原因

蛇口本体固定ナットやネジの緩みが原因です。

その固定部も二つあり、次の部分のビスの緩みが考えられます。

1、蛇口本体の横から固定するビスの緩み
2、取り付け台座のビスの緩み

1のビスはなく、台座のビスだけのタイプもあります。
この二つのビスの締め方をこれから説明します。

1、蛇口本体の横から固定するビスの締め方

本体横ビス固定イラスト

このビスがあるタイプのシングルレバー混合栓の場合、
蛇口本体の下部の側面に、丸いキャップがあります。
そのキャップを外すとビスが見えます。
そのビスを締めてみて蛇口のがたつきが直れば、このビスの緩みが原因です。

簡単なので、まず最初にやってみましょう。
ビスは六角レンチがないと締め付けができません。
手元に無ければ、100円ショップへ買いにいきましょう。

※閉めすぎると壊れるのでほどほどに。

2、取り付け台座のビスの締め方

シングルレバー混合水栓の取り付け台座

蛇口本体横にあるビスを締めても直らない場合は、
台座のビスの緩みになります。

この台座には、蛇口を一度外さないといけないものがあります。
その場合は修理依頼となります。
(一度接続部を外さなければならないため、自分での修理はお勧めしません)

蛇口によって固定の仕様が違うので、まずは施工説明書を確認ください。
メーカーのHPで蛇口の仕様を確認することができますので、まずそこを見てみましょう。

TOTO説明書検索
INAX説明書検索
KVK説明書検索(製品一覧から探します)

品番の特定方法はこちらを(分解図ではなく施工説明書を)

ここで自分の蛇口はどのような固定方法なのかを知る必要があります。

参考までに、主なタイプを紹介します。

1、上面施工タイプ

上面施工イラスト

シングルレバー混合栓 上面施工台座

このタイプは蛇口の接続を一度外さないといけないため、修理依頼となります。
修理した場合、部品交換はありませんが、技術料などで合計5000円程度かかります。

取り付けは簡単なのですが、修理が面倒という仕様です。
自分でやる場合、メーカーHPにて施工説明書を確認し、
その逆手順で外してください。

参考としてTOTOのTKGG38型の説明書ページをリンクします。
メーカーによってやり方が違いますが、おおよそは同じです。

給水ホースを外すことになるので、大漏水要注意。
留守中にホースが外れて漏水すると、保険も下りず損害賠償で人生詰みます。

2、裏からナットで締め付けタイプ

裏からナット締め付けタイプイラスト

このタイプはシンク下からナットを締めれば直ります。
専用工具が必要とありますが、スパナやモンキーレンチなどで締め付けることは可能です。
誰でも修理可能で、失敗もなく安心安全です。

修理方法はこちらを見てください。

3、裏からナットで締め付けタイプ2

裏かrナット締め付けタイプ2イラスト

これも専用工具が必要とありますが、スパナやモンキーレンチなどで締め付けることは可能です。
しっかり締めることは難しいですが、応急処置としては良いのではないかと思います。

--

以上、蛇口本体のがたつきの原因と修理方法でした。

取り付け間もなくがたついた場合は施工での取り付け不良が考えられますので、購入店に言いましょう。
今回、シングルレバー混合水栓での解説となりましたが、どの水栓もビスやナットの緩みが原因です。
まずはナットの緩みなどを確認してみてください。

修理方法解説

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場

選び方など

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場
蛇口(シングルレバー混合水栓)本体のがたつき(ぐらつき)の原因と修理方法
蛇口修理ガイド