蛇口修理ガイド

💡蛇口の品番がわかるなら蛇口補修部品ガイドへ
→品番別に故障内容と修理方法を解説

蛇口(シングルレバー混合水栓)のレバーハンドル下から水漏れする場合の修理方法

更新日:2023/10/06

ハンドル下から水漏れイラスト

ハンドル下から水漏れすることがあります。
おおよそ経年劣化で起こる故障です。

ハンドル下から水漏れの原因

原因としては主にバルブの故障、次にスパウト部のパッキン劣化となります。

*参考図:TOTOホームページより引用

シングルレバー混合水栓 バルブ位置説明イラスト

バルブのレバー部から水漏れすることが多いです。
経年劣化でどのシングルレバー混合栓も起こり得る故障です。

その他、スパウト内側のパッキンの劣化等が原因のこともあります。
その場合はパッキンは交換します。

最悪は本体の故障という可能性もあります。

ハンドル下から水漏れする場合の修理方法

バルブが原因の可能性が高いため、バルブを交換する。

まずは止水栓や元栓を閉めて水が出ないようにして、ハンドルを外し、次にナットを緩めます。
そうするとバルブが見えますので、バルブ取り外して交換します。
バルブの交換はこちらのページで解説しています。

さらに詳しくは、TOTOのバルブの施工説明書のページへリンクしますので、こちらを見てください。

施工説明書1

施工説明書2

TOTOの蛇口の施工説明書ですが、ほぼどのメーカーでも通用します。

交換するバルブの品番の調べ方

バルブは当然ながらメーカーや品番によって種類が違います。

どれに交換すればいいのか?と品番を調べる必要があります。
品番特定方法は3通りあります。

1、メーカーHPから製品情報(分解図等)を見る。
2、メーカーの窓口に蛇口の品番を伝え、バルブの品番を教えてもらう。
3、一度分解して取り出し、外観で判断する。

その他、蛇口補修部品ガイドで確認する。

バルブの品番さえわかれば、後は通販でもメーカーからでも入手は可能です。
バルブはよくある補修部品なので、入手には困りません。
品番の特定はこちらを

バルブからの水漏れの原因

このバルブからの水漏れ故障の原因については、よくわかりません。
おそらくはパッキンの劣化やゴミ噛みだと思います。

保証期間内であればほぼ無料になると思いますので、
まずは保証期間内かどうかを確認しましょう。

バルブは高いもので8000円ほどしますので、
メーカー修理などに頼むと、15000円程度することを覚悟してください。

TOTO製であれば、このバルブが現在の修理の主流です。

パッキンが原因の場合の修理方法

こちらのページを見てください。

蛇口(シングルレバー混合水栓)のスパウトの下から水漏れした場合の修理方法

--

以上、ハンドル下から水漏れする場合の修理方法でした。

バルブの交換程度であれば、ちょっと工具を使いきる人であれば交換できます。
ナットさえしっかり締めれば、大漏水ということもないでしょう。

蛇口の交換をする場合


蛇口の交換依頼は楽天市場がおすすめ。
工事費込みでかつ適正価格で安心できます。
一度こちらを見てみてください。

楽天市場で工事費込みの蛇口を見る
蛇口交換は楽天市場がおすすめの理由

蛇口の交換部品特定方法

💡蛇口の品番がわかるなら蛇口補修部品ガイドへ
品番別に故障内容と修理方法を解説

製品品番の特定方法はこちら
蛇口(水栓金具)の補修用部品品番の特定方法

蛇口を修理するか買い替えするかの判断

💡蛇口を修理か買い替えかの判断を解説
おおよそ使用15年以上の場合は見てください

20年を超えていれば買い替えを検討。
ただし種類により30年以上は使えます。

--

修理解説はこちらから

おすすめ記事

シングルレバー混合水栓の修理の記事一覧

サイト内検索

修理方法解説

<蛇口本体・部品の購入先> 楽天市場(設備) Amazon(住宅用設備)

選び方など

<品番別解説はこちら> 蛇口補修部品ガイド 品番ごとに交換部品を解説
蛇口修理ガイド

蛇口修理ガイド - 水漏れトラブル等の原因と修理方法を解説(水栓金具DIY・自分で修理)

2010年頃より運営している老舗サイトです。