水栓金具の製品品番を特定する方法

製品品番は、基本的には水栓本体にラベルが貼ってあります。
ただ、剥がれたり消えたりするので、古いものは外観で判断することがある。

水栓金具のメーカーは少ないので、
メーカーのHPを見ればおおよそわかります。

大手水栓金具メーカー

・TOTO
TOTO水栓金具品番特定システム見つかるちゃん

・INAX
水栓金具検索(いいナビ)

・KVK・MYM
水栓年表

この3メーカーで90%以上のシェアを占めています。
ほぼこの中にあるはずなので、確認してみてください。

その他水栓金具メーカー

・カクダイ
用途別水栓金具検索

・SANEI(三栄水栓製作所)
商品検索

・ミズタニバルブ
製品カタログ

・タカギ
浄水器ラインナップ

時々見かける程度の存在です。
「カクダイ」はホームセンターによくある。

「タカギ」は浄水器付き水栓のシェアNO.1。
浄水器付きなら確認しておこう。

海外製

ハンスグローエ
グローエ

海外メーカーは多いですが、日本でよく見かけるのはこの2社です。

コツ

メーカーさえわかれば、あとはメーカーに確認すればOK。

メーカーの問い合わせ窓口に写真を送れば、品番を特定してくれます。
そのため、まずはメーカーの特定が大事です。
カタログなどに無い場合は形状や部品から特定します。

実際の現場では、品番不明でも部品の外観で交換部品を特定することも多いです。
バルブなどは共通部品なので、見ればわかる。

是非、この流れで品番を確認してみてください。

ページトップへ