蛇口修理ガイド

蛇口(シングルレバー混合水栓)のスパウトの下から水漏れした場合の修理方法

投稿日:2018年12月20日

スパウト下から水漏れイラスト

スパウトの付け根の下から水漏れすることがあります。
シングルレバー混合栓としては定番中の定番の故障。
経年劣化でほぼ起こります。

スパウト下から水漏れする原因

原因としては次の二つが考えられます。

1、パッキンの不良(劣化)
2、スパウトの故障

可能性はほぼこの二つ。
ほとんどはパッキン交換で直ります。

*参考図:TOTOホームページより引用

蛇口分解イラスト

1、パッキン不良の場合の修理方法

パッキン不良(劣化)なので、パッキンを交換します。

パッキンは劣化すると水漏れしますので、よくある故障でもあります。
ゴミが噛んだりして水漏れすることもあります。
その場合は掃除したら直ります。

修理方法はパッキンの交換となります。
パッキンは安く、自分で交換すれば修理費用は数百円です。
業者に頼むと技術料や出張料などで、5000円~1万円はすると思います。

パッキンの品番特定方法はこちらを見てください。

分解修理方法はこちらを見てください。

2、スパウトの不良の場合の修理方法

スパウトの内側(パッキンのシート面)にキズが入ったり
ゴミが付着すると、水漏れの原因となります。

古い蛇口の場合、この原因であることも多いです。
パッキンを交換して直らなければ、この原因を疑います。
シート面に傷は無いか?ゴミは無いか?と確認してみてください。

スパウトの内側を綺麗に拭きあげ、グリスを塗布します。
特に傷が無ければ再度組み立てし、水漏れの有無を確認します。
ゴミ噛みであればこれで直っているはずです。

傷があればスパウトの交換となりますが、
こうなると蛇口の買い替えも検討した方が良いです。
補修品として設定されていないため、メーカーに品番を教えてもらい、注文するしかありません。

分解修理方法はこちらを見てください。

グリスについてはこちらを見てください。

--

以上、スパウトの上から水漏れした場合の修理方法でした。

これも保証期間内であれば無料になることが多いですが、
ゴミ噛みであれば保証外なので、有料になる場合もあります。

パッキン不良の場合、パッキン自体は安いものですが、技術料などがかかりますので、
6000円程度の修理費用を見積もっておきましょう。
スパウト不良の場合は15000円程度は覚悟です。

修理方法解説

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場

選び方など

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場
蛇口(シングルレバー混合水栓)のスパウトの下から水漏れした場合の修理方法
蛇口修理ガイド