蛇口修理ガイド

蛇口(サーモスタット混合栓)の温調側ハンドルが固い場合の原因と修理方法(お風呂の水栓金具)

投稿日:2018年12月20日

温調側ハンドル固いイラスト

温度調節のハンドルは比較的固めです。
握力が弱くなった高齢者が回せなくなることもよくあります。
そんな場合は修理しましょう。

温調側ハンドルが固い原因

温調側ハンドルが固くなる原因は、
温度調節ユニット(サーモユニット)のグリス切れかパッキン劣化です。

この場合、どちらが原因であっても温度調節ユニットの交換となります。
分解してはいけない部品なので、業者としては交換するしかありません。

慣れれば分解できるので、
知り合いには分解してグリス塗布しての対応もしています。
交換するのは馬鹿らしい症状ではあります。

温度調節ユニットの交換方法

簡単で危険性もないので、自分で交換することは可能です。

下図の部品が温度調節ユニットです。

*参考図:TOTOホームページより引用

サーモバルブ部分解イラスト

自分で交換する場合はメーカーHPでバルブの品番を入手し、通販で購入します。

交換方法はこちらで解説しています。

詳しくは温度調節ユニットの施工説明書も見てください。

参考に、TOTOのホームページのサーモバルブ施工説明書のリンクを貼ります。

交換は簡単です。

温度調節ユニットのグリス塗布方法

グリス塗布にても直すことができます。
やり方をこちらに書いていますので、自信ある方は挑戦してみてください。

※自己責任でお願いいたします。
※分解禁止部品なので、修理業者はやってくれません。

--

以上、温調側ハンドルが固い場合の原因と修理方法でした。

修理依頼して温度調節ユニットを交換する場合、約1万円はかかります。

修理方法解説

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場

選び方など

<蛇口本体・部品の購入先>キッチン用水栓金具バス用水栓金具洗面用水栓金具※楽天市場
蛇口(サーモスタット混合栓)の温調側ハンドルが固い場合の原因と修理方法(お風呂の水栓金具)
蛇口修理ガイド